「人間」としての生き方

重いタイトルである。
今、読んでいる本のタイトル。

内容に触れる前に
そもそも読書を開始したのはいつ以来だろうか。
以前は1ヶ月に100冊読んで
「おー、読んでるなー」
とか思ってたのが、
タイに来て5年経つけど、
5年で30冊も読んでないと思う。
「なんでだろう」とずっと思ってた。
本は読まねばと思ってたから、
なんとかして読むために
小説とか読みやすいのを試してみたり、
自己啓発とかも試したし、
色々とやったんだけど、
どんどん読まなくなってしまった。
しかも30冊ぐらいの内ほとんどは
日本の本社の監査役の山口さんから送ってもらったものだし、
自分で買ったのなんてほんと数冊程度。

それが、先週ぐらいから
「読もうかな」って気になってきた。
不思議なもんである。
つーのも今読んでる本が結構難しい本で
気合い入れないと読めないなー、なんて。
読んでく内にそうじゃないことに気づいたんだけど、
全然、気合いじゃない。
むしろ自然に読んでいけばいいと。
ふと思った。
本を読もうと思うってことは何か渇望がある。
知識を得る。
故人に触れる。
自分の頭を整理する。
などなど。
あまり問題を解決したいなというときには
本を読まないんじゃないかな。
本を読んでて結果的に問題解決のヒントになることは
往々にしてあるとは思うけど、
まあ参考書とかそういうのは別にしてね。

俺は今まで本を読まなかった理由がわからなかった。
読みたくならない理由が。
だけど、今少しわかってきた。
自分の頭の中に余裕というスペースがないと
本は読まないのではないか。
逆に言うと本を読みたいと思うことは
まだ自分の中に余裕が少しはあるということ。
ブログもおんなじ。
実はブログは自分の考えをアウトプットすることで
逆に自分の頭を整理することができる。
よって、続けることは自分にとって非常によい。
でも、俺は本と同様にブログも全くか書かなかった。
ってか書く気にならなかった。
頑張って書いたのは数回。
そもそも頑張って書くものではない。
ということで、今また書こうかなと思い始め、
こうして書き始めていることと、
本を読み始めているということは結構関係している。
少しずつ自分の中に余裕というスペースが出来て来ている証拠。
そして、本を読んだり、ブログを書いたりすることで、
このスペースは少しずつ広がり、そして整理されていく。
つまり良い効果が生まれるわけで、
俺にとって一つのバロメーターである。
まあ、ブログ書くのに結局1時間ぐらいは時間かかるしね。
だらだら書いているようだけど、
その時間は「何を書くのか」ということに
自分は集中しているわけだから、
瞑想とかと近い感じじゃないかな。
うん、ホントそんな感じがするわ。

いずれにたってさ、
どんな時でも何かをする余裕というスペースは
絶対に必要だね。
PCだって、メモリ以上のことしようとしたら、
途端に動きが急激に悪くなったり、フリーズしたり。
その時は一旦どれかの作業をストップする。
それでも治らなければすべてストップする。
それでも動きが悪そうであれば、再起動である。
そして、次回もそれぐらいのアプリを
一気に起動させなきゃならなそうであれば、
スペックを上げるしかない。
作業中にスペックアップはダメなのだ。
ハードの問題だから。
一旦電源を落として蓋を開けて、
メモリの交換、または追加ということだ。
人間で言うと何だろう。
再起動はやっぱり一旦全部止めることだよね。
そして少し冷やすために
旅に出たり、本を読んだり、人と会ったり、
わからないけどリフレッシュするわけかな。
ただ、メモリの増量については難しい。
PCのようになかなか一度に処理できる能力を
得られるわけではないからなー。
ってかその能力ってティーンエイジ終わったら、
早々にあがらないんじゃないかな。
ハードってことだから、
脳みそ手術とかってことはあるけど現実的じゃないしね。

でも、1つ1つの処理速度を単純にあげるのは
そうそうできないかもしれないけど、
結果的にあげたり、処理できる量を増やしたりはできるはず。
CPUの方なのかね。
問題に対してのアプローチを変えることで処理速度があがる。
2つのことが同時に起こっても1つのことをやってる間、
もう1つをある程度自分の中で忘れることができる。
こういうのは、”経験”ってやつかと思う。
ホント経験って大事だよね。
いくつになっても新しい経験をすればそれが積み重なる。
そして、単純な処理速度は遅いかもしれないけど、
結果的に多くのものを素早く解決できるわけだ。
この"経験"ってやつは値段がついてないんだけど、
資本社会の今だとある程度、投資した金額に比例するのかな。
まあ王族、皇族など特殊な環境はさておき、
そんな気がしてきた。
大きなお金が絡めばそれだけ経験の対象になる案件も大きくなるような気がする。
お金を使わないバックパッカーとツアーでの参加。
・・・んー、経験という意味が難しいな。
例えばある場所まで行くのに
バックパッカースタイルだと2日で5,000円かかる。
でもツアーだと1日で7,000円でいける。
時間は短いし、ガイドはいるし、移動も自分で調べる必要はない。
しかも泊まるホテルもグレードが高い。
バックバッカーだと自分の力で色々と解決しなきゃならないし、
色々な人と出会えるからそれが経験だと言われると
そう、それも経験なんだよね。
でも、ツアーの経験も侮れないぞ。
なぜ、2,000円追加するだけどこんなに違うんだと。
よくあるでしょ、そういうパターン。
それを実体験できるわけよ。
これもまたバックパッカースタイルでは味わえない。
ん??
なんかちょっとずれてきたかな?
そうだね、ズレータだね、ちょっと。
まあツアーに驚くことも
バックパックスタイルを経験しているからこそ
感じることができるわけだし
やっぱ比較対象がないとダメか。
しかし、比較対象が多くなればなるほど、
投資が大きい方がでっかい経験な気がするが。。。
でっかいってなんだろう。
社会に与える影響かな。
それが大きいほど大きな経験なのかな。
んー、そろそろメモリいっぱいですな。笑

ということは、ホントは本の紹介をする予定が
その前の段階で終了してしまったか!?笑
まあ、それもまたよしと。
そういや、前回、うつ病の続きもまだだった。
それもやらねばな。
うーん、でも大丈夫。
やらなきゃいけないといいながら、
完全にやらなくてもいいことって認識できるてるから。笑
って、自分でも思ってても言わない方がいいこともあるよね。
ということで、本日はこの辺で。



人間としての生き方 by 安岡 正篤 (PHP文庫)
d0029431_14223476.jpg
日比谷さんって方に薦められて読んでるんだけど、なかなか良いぞ。難しい言葉はひとまずおいといて読み進めていけば、苦にはならない。恐らくこれは自分の経験が多ければ多いほど大きく自分に跳ね返ってくるような本だな。ゆえに自分で金を稼いだり、修行したりしてないとそもそも読もうとも思わないと思うわ。笑

[PR]
# by satito10 | 2017-08-13 14:27 | LIBRO~本~

うつ病とは

いきなり衝撃なタイトルである。
いや、別に衝撃でもなんでもない。
うつ病患者、世界で3.5億人、、、だそうだ。
WHOはどうやって調べたのか。

”最も落ち込んだ国は5人に1人以上の人が
 障害に苦しむアフガニスタンです。"
"最も落ち込みが低いのは日本の2.5%です。"
<出展 A stunning map of depression rates around the world>

これは本当なのか?w
いずれにせよ、5人に1人がうつ病ってのはすごい。
フットサルやってたら自分のチームの誰か一人はうつ病なんだから。w

なぜこんな話かと言うと俺が"うつ病"だからだ。
という診断である。
タイの病院で。

きっかけは3年ぐらい前か。
タイに来てからやたら朝が起きれないし、
全くやる気がなくなる日が起きる。
かと言って、頭がめちゃめちゃ冴えて
集中力がハンパないときもある。
最初は
「どうにか頭が冴えてる状態を維持できないかな」
と考えていたんだが、
次第にこの波の振れ幅がどんどん大きくなっていく。
高い位置で振れ幅を維持するどころか
上下の波がどんどん大きくなる。
そしてやる気がないときの症状も悪化。
回復までの時間も長くなる。
この辺で「これはヤバいな」と。
「ひとまず病院だ」と。
結果、「うつ病ですから薬服用してちょうだい」と。
まあ薬で治るんだったら、ガブガブ飲んじゃう。
しかし、そんな簡単にはいかない。
単純に脳内の神経伝達物質の異常じゃねぇのかと。
だったら、薬で調整してOKじゃねぇのかと。
さすがは人間の脳。
そんな簡単にはいかない、、、らしい。

本日も3ヶ月に一度の定期報告&薬ゲットの日。
今日からまた薬が変更。
詳細はまた後日書いていこうかな。


ラーナー(タイ風あんかけ麺) ราดหน้า
d0029431_01283300.jpg
病院に行った時に食堂でよく食べる。甘いあんかけに揚げ麺が絡み最高。通常は30バーツだけど、これは大盛りのため+10バーツで40バーツ(約150円)。全く辛くはなくカオマンガイクラスで日本人が好きな味じゃないかな。

[PR]
# by satito10 | 2017-08-04 01:35 | ESPECIAL~未分類~

タイのバーガーキングにマドクドナルド

お伝えしたい。
コーヒー2杯49バーツを目当てに
バーガーキング入り。
店員曰く
「コーヒーマシン、ミーバンハー」
バンハーとはプロブレム。
ミーとはハブ的な。
つまりはHave a problemだと。
やかましいわ!
キットカットのCMか!
仕方ないので1杯45バーツのコーラ購入。
仕方あるわ!
まぁ、カフェインがほしかったから、コーラでもいいんだけどね。
・・・って、なるわけねーだろ。
ただでさえ寒い店内。
こちとら一度家に帰ってトレーナー持参だわ。
なぜにコーラ!?

先日もオンヌットのマクドナルドにてミーバンハーよ。
イオンが発行しているクレジットカードにて
セットが割引されるというナイスな特典がある。
これは利用しないわけにはいかない。
あまりマックには行かないが、
無性に食べたくなるときはやってくる。
早速店内へ、サムライバーガーを注文。
サムライバーガーとは日本のてりやきハンバーガー。
世界的にはなぜかサムライで統一されている模様。
そんなことはどうでもいい。
クレジットカードを提示してサムライバーガーセットをオーダー。
店員曰く、
「イオンクレジットカード、ミーバンハー」
バンハーとは、、、やかましいわ!
なんやねん、この店舗は!
しかし、ここはタイ。
こんなことは日常茶飯事なのである。
よって、俺もその時は「んじゃ、いらん」と退店。
二度と来るか!と不退転の決意。
をあっさり覆し、翌月にもう一度ご来店。
当然、サムライバーガーえおオーダー。
もちろんイオンクレジットカードにて。
店員曰く、
「イオンクレジットカード、ミーバンハー」
・・・言葉が出ず。
イオンが悪いのか、マックが悪いのか、
この店舗が悪いのか、この店員が悪いのか。
はたまた俺が悪いのか!?
ミーバンハー。
恐ろしい言葉である。

ということでこのバーガーキングも当然リベンジする。
次回を楽しみにしていてくれ。
d0029431_23110589.jpg

[PR]
# by satito10 | 2017-07-31 23:12 | THAILAND~タイ~